2015年8月6日木曜日

小豆島オリーブ





モクセイ科モクセイ属
 Olea europaea


★作られた時と場所 2014年5月 小豆島

有機栽培をおこなっている農家のオリーブの花から。


★花の開花は5月中旬~6月上旬



Bachフラワーレメディーにも「オリーブ」があります。
こちらのほうは心身が疲れ切った人に
活力を取り戻すというような作用があるのですが、
オリーブのフラワーエッセンスによって
肉体の疲れが取れるというよりは、意識の中での活力と
つながるような働きかけをするものと思われます。
疲れは長い間によってたまっていくもので、蓄積された肉体の疲労を
感じている意識によって、もっと疲労感を感じていることもあるし、
そこから新しい転換ができなくなっていることもあります。


オリーブは斜面の風通しのよいところでよく育ち、太陽が大好きです。
銀色の葉っぱはキラキラ太陽の光を受けて、輝き、
海からの風を受けて、常にさわさわ吹かれています。
火と風の要素が優勢で、葉っぱも樹皮もよく乾いています。

そして、樹齢が長いことも特徴で、
地中海沿岸に古くから育つオリーブは樹齢千年クラスのものも珍しくなく、
樹齢2千年まで生きるオリーブもあるそうです。

長く生きてもなお、実をつけます。

若いオリーブの木からは想像もできないほど
樹齢のたったオリーブの木は
樹皮に渦巻きのような模様を作りながら、たくましい姿をしています。




ブラインドリサーチでは

・強い光が上から降ってくる。
・ハートにおりてくる。
・内側から外に向けて光がでる。
・呼吸が楽になる。
・広がりを感じる。


というような光を感じたり、香りを感じる人も何人かいました。

私が作ったオリーブのレメディーはまだリサーチ中ですが、
Bachのオリーブのエッセンスとはまた違った感覚、経験を受けたという報告が返ってきています。



★オリーブに関する関連記事 


女神アテナとオリーブ 

オリーブの島でオリーブとすごす時間

オリーブ原木の森



0 件のコメント:

コメントを投稿